​「クリーン温泉推進会議」設立の趣旨

熱海発の新技術で
『クリーン温泉文化を国内・世界に発信』
『クリーン温泉を目指してSDGsに取り組む』

温泉による効能は古くから知られており、日本人は古来より温泉が持つ力に魅せられ

温泉文化として長い間親しんできました。

温泉文化は多くの人々に愛され広まっていく一方、温泉水(浴槽水)中のレジオネラ属菌による

レジオネラ症と呼ばれる呼吸器感染症が確認されるようになりました。

これらの感染症を防止するため、これまで塩素(次亜塩素酸ナトリウム)を用いた消毒による対策を行いましたが、

塩素剤の使用に伴い温泉水には臭気や泉質の変化が生じてしまい、

本来の温泉水を維持することが困難になってしまいました。

このような現状の問題を鑑みながら、次亜塩素酸ナトリウムに代わる消毒剤として調査研究を重ねた結果、

温泉水の消毒剤として電解次亜塩素酸水を用いることが有用であることが分かってきました。

電解次亜塩素酸水を用いた消毒では通常の消毒効果の他、塩素臭の低減や肌への保湿効果、

酸化還元作用 などの効果も併せて確認されています。

今後の温泉水(浴槽水)の消毒において、より有用となる電解次亜塩素酸水の利用を促進し、

温泉本来の魅力を取り戻すと共に『安全・安心・快適』なクリーン温泉文化を普及・推進することを使命として

【クリーン温泉推進会議】は設立されました。

クリーン温泉推進会議 推奨施設


熱海温泉 古屋旅館

万葉俱楽部株式会社

小田原お堀端 万葉の湯

博多 湯布院・武雄温泉 万葉の湯

​源泉湯宿 大成館

​​熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海

DSCN3621.jpg